フリーランスの確定申告 Q&A

Q

仮想通貨の円換算された時価ですが、仮想通貨によってはどこにもありません。どうしたらいいですか。 BTCのように、円と直接取引できるものは取引時レートをとればいいので何とかなりますが、BTCやDOGEと草コインで購入・売却したときや、マイニングした瞬間の円換算された時価が事後的にとれません。どうしたらいいか教えてください。

A

2017年12月1日に国税庁から「仮想通貨に関する所得の計算方法について」と題するFAQが発表されました。しかし、それには時価の算定方法については触れられていませんでした。
そのため、質問者様のような疑問をお持ちの方は多いと考えています。

以下に記載しました内容は、投稿時点での弊法人オリジナルの見解になります。
その点に関してご了承ください。
後日国税庁から時価の算定に関する発表があった場合にはそちらに従ってください。

この時価を考える際に、まず、以下の2つについて決める必要があります。
1.円換算する際に、どの仮想通貨を経由して換算するか。
2.仮想通貨同士の交換レート(時価)はいつ時点のものを使うか。

1.につきましては、実際に購入した際に経由した仮想通貨を使用するのが一番説明がしやすいと考えます。
2.につきましては、取引時点でのレートを取得するのは事実上不可能ですので、最も合理的と考えられる時価を使用するより他ありません。例えば、取引した日の終値(午後24時)や、1日の最安値と最高値の平均値を使用するのが合理的かつ簡便的でわかりやすいのではないかと考えます。

気を付けていただきたいのは、一度採用した時価算定の方法を継続して適用していただくことです。そのときそのときで有利な方法をとることはできません。

最後に、年初に仮想通貨を持たないようにし、また、年末までにすべての仮想通貨を売却し円に戻すならば、円の増減がそのまま仮想通貨の売買で発生した所得と一致するので、結果として時価について考える必要がなくなります。

お手軽! リーズナブル! フリーランスの 確定申告!